topics

九州の神楽シンポジウム2019 参加者募集

2018年12月26日

宮崎県は、古事記や日本書紀に描かれた日本のはじまりの舞台であり、記紀神話ゆかりの地や文化が各地に残されています。

なかでも神話の世界を舞で表現した「神楽」は、宮崎県内に200以上が保存・継承されており、世界に誇る伝統芸能です。

宮崎をはじめ九州各県、全国各地に伝わる神楽の多様性と魅力に触れてみませんか。


参加は無料です。

参加希望の方は、応募フォームに必要事項を入力の上お申し込みください。受付は先着順となります。

スマートフォンをお使いの方は、PC表示への切り替えをお願い致します。

    

<第1日>

 平成31年3月2日(土) 13:00開演

 会場:メディキット県民文化センター 演劇ホール

 内容:【神楽公演】    船引神楽(船引神楽保存会、宮崎市清武町

    【シンポジウム】  テーマ:「祭礼神楽と願神楽」

      ◎基調講演       講師:神田 より子氏(敬和学園大学名誉教授)

              テーマ:「祭礼神楽と廻り神楽ー東北地方の神楽ー」  

      ◎パネルディカッション

       コーディネーター : 小川 直之氏(國學院大學教授)

       パネリスト      段上 達雄氏(別府大学教授)

                安田 宗生氏(熊本大学名誉教授)

                立平 進 氏(長崎県文化財保護審議会副会長)

                前田 博仁氏(宮崎民俗学会会長)

                小国 朋身氏(岩手県早池峰・岳神楽保存会会長)

<第2日>

 平成31年3月3日(日) 13:00開演

 会場:メディキット県民文化センター 演劇ホール

 内容:【オープニング】  早池峰神楽(岳神楽保存会、岩手県花巻市)

    【基調講演】    講師:三浦 佑之氏(千葉大学名誉教授)

    【九州の神楽公演】 豊前神楽(豊前岩戸神楽蛎瀬神盛会、大分県中津市)

              尾八重神楽(尾八重神楽保存会、西都市)



【応募方法について】

参加希望の方は、下記の内容を応募フォーム・電話・FAX・往復ハガキの

いずれかの方法によりお申込みください。


(1)ご希望の参加日(3/2、または3/3。両日もしくはどちらか1日のみのお申込みも可能です)

(2)参加される方の氏名(複数人で参加の場合、代表者名のみで可)

(3)参加希望人数(最大5人まで申込み可)

(4)郵便番号

(5)住所

(6)電話番号


【応募締切】:2019年2月15日(金)必着

 先着順。定員になり次第、締め切らせていただきます。


【留意事項】

 受付後、事務局から入場券をお送り致します。

 当日は、入場券を必ずご持参ください。
 駐車場に限りがございます。公共の交通機関をご利用ください。


【お問い合わせ】

株式会社UMKエージェンシー内 「九州の神楽シンポジウム2019」事務局
電話:0985-22-1122   FAX:0985-22-1128
※電話の受付は、土曜・日曜・祝日を除く日の午前10時から午後5時まで。

会社情報

〒880-0022
宮崎市大橋3丁目101番地1号
TEL 0985-22-1122
FAX 0985-22-1128 

携帯サイト

  • 神話のふるさと県民大学